長期間経過後の遺産分割のルールの見直しとは?

法改正の内容をお伝えします

  • 先代経営者の相続発生後、遺産分割が滞ってしまうと・・・・・

    所有者不明土地の利用の円滑化を図る方策の一環として、相続開始から10年を経過してしまうと、原則として画一的な法定相続分による遺産分割を行う仕組みが適用となり、強制的に法定相続分により遺産分割を終了させることとなります。(令和5年4月1日適用開始。)

    そうなりますと、本来、事業の後継者に事業用不動産や自社株を集中させ、スムーズに事業承継を行うことが難しくなり、事業に関係ない相続人にも事業用資産にかかる法定相続分が相続されてしまいます。

    こういう事態を避けるためには、極力、短期間に遺産分割を協議によって終了させることが必要となるのですが、事業に関係のない法定相続人の納得のいく遺産分割協議を行うためには、事前の対策が極めて重要です!

    ダウンロード (3)

法定相続人全員が納得のいく遺産分割協議の事前の対策について

会社契約の生命保険がお役にたてます!

“相続”が“争族”にならないように・・・

ダウンロード (9)

遺産分割の方法の一つ、代償分割をご提案します!

中小企業に相続が発生すると、事業の後継者が事業用不動産や自社株の全て相続し、事業をスムーズに継続していく必要があるのですが、

相続財産の殆どが事業用資産であるような場合、他の事業に関係のない法定相続人の取り分が極端に少なくなる事態が発生、極めて偏った遺産分割になる懸念が大きいです。

このことへの対策としては、遺産分割の方法の一つ、代償分割を行えるようにしておくことが有効です。

具体的には、相続発生時に後継者にまとまった資金が得られるようにしておき、他の相続人に後継者から代償交付金を支払えるようにしておくことです。

このことにより、遺産分割のアンバランスを解消し、遺留分侵害請求への対策にもなります。

この対策の実行には、会社契約の生命保険がとても重要な役割を果たすこととなりますので、是非、一度ご相談いただきたいと思います!

お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~17:00

事務所所在地

東急目黒線の「洗足」駅より、徒歩約5分となります


事務所所在地

〒142-0064

東京都品川区旗の台6丁目1-9 コアK1F

Google MAPで確認する
電話番号

03-6421-6515

03-6421-6515

FAX番号 03-6421-6515
営業時間

平日 9:00~17:00

(土日祝日は原則休業)

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    関連記事

    Related